<講師>
加藤啓子(絵本あれこれ研究家)

【第一部 絵本ひろば】
絵本研究家の加藤啓子氏による「えほんのひろば」を開催。「えほんひろば」では、段ボールなどで本棚を作り200冊の本を用意し、前半は読み聞かせを行い、後半はそれぞれ自由に友達と一緒に絵本を楽しみました。子どもたちは時間の限り次々と好きな本を手にとって、何冊も何冊も友達とおしゃべりしながら楽しんでいました。

【第二部 絵本フォ―ラム“加藤啓子先生による絵本講座”】
子どもと一緒に絵本の間を読み空気を読む!子どもたちと一緒に呼吸を合わせてページをめくるをテーマに次のようなお話をして下しました。
子どもたちが主役 大人が下手に解説したり、説明したりしてしまうと 折角の子どもたちの中に膨らんでいるイメージを狭めてしまう。黙って子どもに寄り添っていると沢山の子どもたちの声を聴くことが出来ます。
まずは、表紙をじっくりと眺めてさて、今から何が始まるのだろうワクワク!
本文だけでなく、絵本の表紙、背表紙、背にもストーリーがあります。
対話・会話を楽しむのに、文章をただ読むのではなくあなたの言葉に変換してみては?あなたの話し言葉のスピードにあわせてみては?


アンケート (一部抜粋)
  • 楽しく過ごさせてもらいました。絵本の読み語りも楽しみにしています。もっと子ども向けイベントを増やしてほしい。
  • 参考になりましたが長かった。もう少し早く保育を始めてほしかった。
  • 加藤先生のお話、参考になり、三人で広場読みをして楽しかったです。ありがとうございました。
  • これからも、子供と絵本を楽しんでいきたいです。
  • いつも加藤先生の講演会に参加させてもらっています。新しい本の紹介もあって楽しかったです。もう少し講演を早く始めてほしいと思いました。
  • 参考になりました。
  • 加藤先生がとてもステキな方でした。



戻る
ページトップへ
   
Copyright (C)2007 astohall All rights reserved.