漫才作家・秋田實氏の門下生として恩師の泉州での語り部を自任する楠畑氏による秋田實氏の思い出と、漫才台本が出来るまでの苦しみと楽しみを楽しくお話しいただきました。

<講師>
楠畑正史


アンケート (一部抜粋)
  • 漫才の台本についての講演は初めてなので楽しみに興味を持って聞かせて頂いた。「ことば」の深さを改めて感じ、日頃何気なく使っている言葉も(身体・動物など)も楽しく聞かせて頂きことばの深さと日本の言葉に感心した。ありがとうございました。
  • 川柳の基礎になることなど勉強になりました。ありがとうございました。
  • 色んな知らないことや楽しい話を聞かせて頂いてありがとうございました。
  • 何事もチャレンジすることが大事だなと感じる。
  • 裏話や具体的に例を挙げてのお話。なるほどなるほどと、とても楽しかったです。
  • 秋田實先生を慕っていることがよく、わかりほのぼのとした。師弟関係良好の様子が目の前に出てきた。やはり先生の人柄がよく著していて、わかりやすいお話でよかった。
  • 次を期待する話術がすばらしかった。懐かしい芸人さんたちの話しぶりやその頃の姿が目に浮かんでとてもよかった!!昔は今の漫才にはない素晴らしいものが多くあったように思える。言葉使い、話す間合いなどなど。
  • 漫才の裏話、用語、笑いを入れてのお話。思い当るところもたくさんあり楽しかったです。
  • お笑い界の成り立ちや苦労話を、例を交えて面白く説明されていて本当に良かった。普段の楠畑先生も存じ上げていますが、また違った面を聞かせて頂きました。大阪人として毎日の生活でも笑いは大切にしていきたい。
  • 懐かしいお名前の秋田先生についてのお話。楠畑先生もユーモアのある話しぶりで秋田先生の人柄を語り、ご自分との関係などを語ってくれました。その時代の自分を思い出し、また時代背景などと重ね合わせて楽しく聞かせて頂きました。
  • 思っていた以上に面白かったです。次々とネタがよくあるな〜と感心しました。ご苦労様です。



戻る
ページトップへ
   
Copyright (C)2007 astohall All rights reserved.