<出演>
河内厚郎(語り)、岸良充(歌)、石田美智代(ピアノ)
<プログラム>
群集・ボンボワヤージュ・悲しみのソレアード・ふるさとの山・時は過ぎてゆく ほか


アンケート (一部抜粋)
  • “ふるさとの山”を聴いて田舎を思い浮かべました。心にジ〜ンと沁みるいい歌でした。河内さんのトークが大阪人らしく笑いやオチをいれてあり楽しめました。
  • シャンソンを聴くのは初めて。とても自然で聴きやすかった。昔からちあきなおみさんのファンですが、シャンソンのように語る歌い方で私にあっていました。
  • いつも楽しみにしていますが、今回は語りの先生の詳しい説明があり、より一層楽しめました。
  • シャンソンコンサートは初めてでしたが、次回も楽しみにしています。
  • とてもよかったです。
  • 泉大津出身と聞き、素晴らしい方でした。講師の河内先生のお話が大変勉強になりました。
  • シャンソンを聴くだけでなく、トークとの二本立てという構成が大変良かった。
  • 素晴らしかった。年も年ですが、習いたいなーと思いました。岸良先生のお人柄も素敵です。司会の河内先生の話、奥深く興味津々になり、よくわかりますし、お声もいいのはやっぱりシャンソンしていらっしゃったとのこと。なるほど!



戻る
ページトップへ
   
Copyright (C)2007 astohall All rights reserved.