高田泰治さんの奏でる繊細なチェンバロの音色が会場に響き、うっとりする時間を過ごすことができました。浅井咲乃さんのバイオリンとのデュオも素晴らしく、そして世界的に有名な延原武春さんの気さくなトークでチェンバロの解説や、オーボエの演奏も披露いただき、素晴らしい一日となりました。
途中、東日本大震災から1年目ということもあり14:46に会場全員で黙祷をささげる時間を設けて下さいました。

<出演>
延原武春(お話)、高田泰治(チェンバロ)、浅井咲乃(ヴァイオリン)


感想 (一部抜粋)
  • 目の前で聞けて素晴らしかった。初めて聞く楽器で楽しかったです。
  • 泉大津でこんな素晴らしい音楽が聞ける事が感激でした。是非来年も来て頂きたいです。
  • チェンバロの音がとても素晴らしかった。初めて聞き感動しました。オーボエの独特な味も良かったですね。ヴァイオリンは演奏されている人も素敵でした。
  • 久しぶりにチェンバロの音色を聞かせて頂き楽しかったです。チェンバロとヴァイオリン・オーボエの掛け合いも興味深かったです。延原さんの解説も楽しかったです。
  • 楽器の説明を聞いてチェンバロの音の変化や優雅さ等、魅力のある楽器だと思いました。
  • チェンバロの名前は聞いた事がありますが、実物の音を聞くのは初めてです。繊細で美しい音色でゆったりと癒されます。大変満足です。ピアノのコンサートと違って、また良かったです。
  • 大変良かった。チェンバロの音が素晴らしかった。一流の音楽に触れる機会を子ども達に与えて下さり、有難うございました。
  • きれいな音色に心が洗われて、豊かな気持ちになりました。小さいホールだからこそ出来るあたたかいコンサートでした。どうも有難うございました。
  • クラシックサロンをもっと開催してほしい。



戻る
ページトップへ
   
Copyright (C)2007 astohall All rights reserved.